時代と共に変化するクラウズ

クラウズとはーーーーーーーー。
天候や季節によって雲の姿が変わるように、クラウズもまたビジネス環境に合わせて常に変化しています。

近年のIT業界は、トレンドの移り変わりが激しく、また技術進歩も目覚ましいものがあります。
ようやく会得した技術が過去のものになる、なんてことは日常茶飯事的に発生するようになりました。
ただ、このような技術トレンドが激変する環境こそがIT業界であり、この業界でビジネスを行うという事は、これに対応していく事が優先課題となるでしょう。

クラウズは、この課題をカンパニー制度の導入で解決しています。

カンパニー制度導入の意義

前述のようにIT業界はトレンドが目まぐるしく変化するビジネス環境です。
従って、意思決定のスピードは最速でなければなりません。
カンパニー制度によって、カンパニープレジデントは社長と同等の権限を持ち、現場に即したビジネス判断を素早く行える環境を整備しました。

また、ビジネス環境も目まぐるしく変化するため、複数のビジネスモデルを各カンパニーに割り振り、経営面でのリスクヘッジも行っています。
ビジネスモデルでのセグメンテーションは、また、技術の先鋭化も誘発し、各カンパニーの特化分野において、強力な競争力の醸成にも成功しています。

クラウズは、カンパニー制度で時代と共に成長していきます。