神田欽章

ー社内で何を担当されているか教えてください。

神田

主にプロジェクト発足時のメンバーや技術の選定や発足後の各種レビューをおこなっています。
プロジェクト発足後は、プロジェクトマネージャ・リーダを中心とした進行に切り替わります。
プロジェクトは社内だけでなく、外部のベンダと協力して進めていくこともあります。
また、ソリューションカンパニーからプロジェクト化する前の提案をおこなうことも多くあるので、その際、技術観点からの裏付けを提示する役割も担っています。

ープロジェクトではどのような技術を使うことが多いですか?

神田

プロジェクトによって様々な技術に携わることになると思いますが、サーバサイドの開発としてクラウズから提案する場合はPython(Django)やRuby(Ruby on Rails)をベースにすること多いです。また、インフラの構築も併せておこなうことが多いので、AWSやGCPといったクラウドベンダから提供される様々なサービスを利用する機会があります。
機械学習やIoT関連のプロジェクトも増加傾向にあるので、関連ライブラリやプロトコルに携わる機会も増えてくると思います。

神田欽章

ー技術者としての仕事の厳しさは何ですか。

神田

この業界は技術の移り変わりが激しいといわれますが、事実、日進月歩で技術が進化しています。
一方で、ゆっくりと進化をみせる技術であったり、古くからある基礎となる技術も存在します。
最先端に追いつこうとする気概と、流行りに流されないきっちりとした基礎を身に付けることで、技術者として長く活躍することが可能になると思います。
ソリューションカンパニーでは、若者だけでなくベテランの方も多く実装に携っており、典型的な実装〜設計〜マネージャをステップアップとして捉えるのではなく、各々の役割で力を発揮できるような体制をとっています。

一方で、開発した技術を世の中に出した時、いかに満足してもらえるかは、技術力だけでなく、実現するものへの解釈であったり、価値の共有であったりといったことが重要になってきます。
単なる技術的な関心に留まらず、技術によってもたらすことのできる価値を多角的に想像できると、より大きな活躍の場を得ることができるのではないでしょうか。

神田欽章

ー社員とはどのようにコミュニケーションをとっていますか。

神田

ソリューションカンパニー全体での飲み会もありますが、特に縛られることもなく自由なコミュニケーションをとっています。また、社内でSlackを利用しているので、チャットだけに留まらず、ボットを作成して共有、のようなこともできます。