MatrixEngineOne

製品概要

即時動作確認しながら、デザイン、プログラミング、デバッグまで完結可能な統合開発環境です。
各プラットフォーム向けに専用開発されたエクスポーターにより、最適化されたランタイムファイルを出力します。
デザインデータについては様々な入力形式に対応しており、他のデザインツールと連携しながら、
ドラッグ&ドロップによる直感的なUIでレイアウトやアニメーションを作成できます。

2Dに特化した描画エンジン

2D描画に特化したエンジンにすることで、3D描画のためのアルゴリズム調整やメモリ増加などのオーバーヘッドが少なく、ローエンドハードウェアにおいても高速に動作します。

特徴

ポイント1

動的メモリ確保未使用

エンジン内部における動的メモリ確保を無くし、不測の事態などメモリ確保失敗のキャッチ漏れによるプログラム暴走などを回避して、動作安定性を向上させています。

ポイント2

再帰呼出し未使用

エンジン内部における再帰呼び出しを無くし、スタック消費量を固定にすることで、不測の事態におけるバッファオーバーランを回避して、動作安定性を向上させています。

ポイント3

高速な初期化処理

ランタイムのコンテンツデータが、予めプログラムで使用されるイメージでROMに配置されるため、初期化処理の大部分を占めるコンテンツロード時間をほぼゼロにでき、高速起動を実現しています。

ポイント4

固定サイズのワークメモリ確保

ランタイムのエクスポート時に予めワークメモリサイズが決定される仕組みにすることで、システムの安定性を高めています。また、使用されるワークメモリサイズを、プログラム実行前に把握することが可能です。

システム概要

MatrixEngineOneシステム概要図

IDE 統合開発環境

MatrixEngine (SDK)Pro

即時に動作確認をしながら、デザイン、プログラミング、デバッグまで完結可能なIDE(統合開発環境)です。
各プラットフォーム向けに専⽤開発されたエクスポーターにより、最適化されたランタイムファイルを出⼒します。
デザインデータについては様々な⼊⼒形式に対応しており、他のデザインツールと連携しながら、ドラッグ&ドロップによる直感的なUIでレイアウトやアニメーションを作成できます。

動作環境/対応OS

Linux, μITRON, Integrity, Android, iOS, WindowsAutomotive など

実績事例

  • 2006model for Car Navigation GUI / On the market of America
  • 2009model for Display Audio GUI / On the market of All over the world
  • 2010models for Display Audio/Car Navigation GUI / OEM
  • 2011~2016models / ongoing
  • 2019model for Instrument cluster graphics / OEM
  • 2020model for Instrument cluster graphics / OEM

ライセンスについて

MatrixEngineOne、MatrixEngin(SDK)Proについての詳細は下記メールアドレスよりお問い合わせください。
sales.mxe@clouds-inc.jp