株式会社クラウズでは、2017年度新卒のみなさまを募集しています。

これまでを振り返って

小池 今のような3チーム体制になって1年位かな。それまでは、事業の切り分けも今のようには分かれていなかったよね。まさにカオス(笑)
貝森 初期の頃は受託開発が中心でしたけど、チャレンジ精神で自社サービスも手がけて失敗してみたり、いろんな経験をしながら着実に企業として成長しているなと思います。
貝森 来期からは「システムインテグレート(SI)事業本部」と「プラットフォーム事業本部」の2事業部制になるって聞きました。
小池 企画・提案や、設計・開発、品質管理とか、分野毎の業務別でチーム分けもする。
非効率的に業務を進めている部分もあったから、案件規模に合わせて今までより柔軟な対応ができるようになると思うよ。

クラウズの仕事

小池 案件の幅が広いから、いろんな分野の仕事ができるよね。
貝森 仕事によってどんどん新しい技術も学ばないといけないから、みんな勉強熱心ですよね。
分からないことがあっても、周りに聞くと、大抵の場合はすぐに答えが返ってくる(笑)
小池 エンジニア同士の情報共有も活発だし、それぞれ好きな分野を深掘りしたりしてるから、広く深く社内で情報が得られるよね。

仕事を通じて感じること

小池 大変なことも多いけど、クラウズが会社として成長している実感はあるな。
山形さんは、社員ひとりひとりが経営者意識を持つことを大切にする人だよね。
だから、言われるがままだと通用しない。
貝森 でも、ひとりひとりを大切にしてくれる会社だから、社員もみんな当事者意識を持って頑張れると思います。
自分が会社と一緒に成長しているって実感できるし、それがまた原動力になっています。

今後のクラウズ

小池 クラウズはまだまだ荒削りな部分もあるけど、トータルでバランスのあるメンバーが揃ってるんじゃないかな。
意思決定のスピードも早いし、ちゃんとそれを強みにできてきていると思う。
貝森 今までもこれからも常に"過渡期"の会社なんでしょうね(笑)
完璧じゃないし取り組むべき課題も多いけど楽しんで取り組めるメンバーばかりだから、これからも変化し続けていくんだと思います。

Copyright(c) Clouds Inc. All Rights Reserved.

企業サイトはこちら